本文へ移動

ファイバーレーザー溶接

ファイバーレーザー溶接特徴

 
0.025mmのレーザービーム径で溶接します。
『ビームが細過ぎると隙間があったら溶接できないのでは?』と思われますが、ビームが円を描くように設定し、MAX2mm幅で溶接することもできます。溶加棒も入れることができます。
ステンレスなどの磨き材では細く溶接することができるので、焼けが少なくなりきれいに仕上げることができます。
またステンレスの厚み3mmの板までなら開先不要で裏波も出すことができます。
当社のファイバーレーザー溶接機はアルミの溶接にも対応!従来の溶接とは比較対象になりません!白くなりにくく美しくが溶接可能!

ファイバーレーザー溶接例

SUS304 T=1.5
溶加棒を入れて溶接しています。
A5052 T=1.0
角溶接
 
A5052 T=1.5
平付溶接
隙間をあけて溶加棒を入れて溶接しています。
 
A5052 T=1.0
角溶接 裏面
裏までしっかり溶接できています。
 
 
A5052 T=1.0
アルミの隅肉溶接です。
溶加棒を入れています。
ビード幅1mm
 
 
 
有限会社イシダ製作所
〒612-8496
京都府京都市伏見区久我西出町10-2
TEL.075-922-0435
FAX.075-922-6212
レーザー加工・パイプレーザー加工・製缶・板金・溶接などの金属加工品の製作
 
TOPへ戻る